おわら踊り

  • 教室:スタジオDEEPアプリオ教室

  ☆ ☆ スタジオDEEPアプリオ内に新講座 ☆ ☆

★随時体験可能★
※体験の際は、必ず事前にお申し込みが必要です。

越中おわら踊りの魅力は、とても艶っぽく優美な振り付けにあります。胡弓の哀愁漂う音曲と唄・囃子に合わせ、編笠の下から僅かに顔を見せ、揃いの浴衣に身をつつんだ踊り手達の姿。初心者を対象に、男踊り女踊りを学び、おわら風の盆に参加できるように練習します。


講師

越中おわら踊り 民舞 めいわ会会主
向柴 千賀子

曜日・時間

第2・4月曜日
10:15〜11:15

期間・受講料

3,240円(月2回)

開講日・体験日

★随時体験可能★
※体験の際は、必ず事前にお申し込みが必要です。

持ち物

動きやすい服装

おすすめポイント・受講生の声

 富山の初秋を彩る越中おわら風の盆。八尾で繰り広げられる情緒たっぷりの踊りは、訪れる人のため息を誘っている。そんなおわらに魅了された受講者が通うのが高岡会館別館の「越中おわら踊り」だ。憧れの所作を身に付けようと熱心に稽古に励んでいる。
 講師は越中おわら踊り民舞めいわ会主の向柴千賀子さん。気さくな人柄で、受講者ともテンポの良いやりとりを繰り広げる。その一方、芸には厳しく、稽古が始まれば手の角度や顔の向きなど、所作の一つ一つに細かい指示が飛ぶ。「10年で一人前」とも言われ、習得するのが難しいとされるおわら踊りだが、向柴さんのめりはりの利いた指導のかいもあり、受講者はめきめきと上達している。
 講座では、基本である豊年踊りをはじめ、四季踊り、かかし踊りを一通り学ぶことができる。豊年踊りはツバメが宙を舞う様子や稲刈りなど、自然描写を織り込んだ振り付けが印象的で、初心者でも取り組みやすく、マスターすれば風の盆の輪踊りにも参加できる。

●神経を研ぎ澄ませ
 「見た目はしっとりとした動きですが、結構体力を使うんですよ」と、ある受講者。おわら踊りには膝をまげたり、すっと伸び上がるような所作があり、美しい立ち姿を意識して指先から足先まで神経を研ぎ澄ませて踊ることで健康増進にもつながるという。
 今年も1日の開幕日を迎えた越中おわら風の盆。おわらは富山を代表する伝統文化だ。踊りに親しむことは、ふるさとの魅力を再発見できる機会でもある。向柴さんは「舞踊に興味がある方、おわらが好きな方に気軽に門をたたいてほしい。みんなで楽しく踊りましょう」と呼び掛けた。

●受講生の声「優美な雰囲気目指し」
 関西出身で、富山らしい習い事をしたいと思い、昨年6月から通い始めました。初めて八尾でおわらを見た時、その美しさに感動したこともきっかけです。所作の一つ一つを丁寧に踊ることを心掛け、少しでも優美な雰囲気に近づけるよう頑張りたいです。

受講の申し込み