はじめての切り絵

  • 教室:氷見教室

★体験には必ず事前にお申し込みが必要です。
事務局までお電話ください。体験開催日をご案内いたします。
【お問い合わせ】高岡スタジオ рO766-26-7000

切り絵は、黒い紙を下絵に沿ってカッターナイフで切り抜きし、カラフルな和紙で色を足して一枚の絵を描き出す。
紙で表現する絵画の世界を楽しみませんか。                                        
「五箇山和紙」を使用することで、質感も色合いも優しい雰囲気に仕上がります。


講師:日時:受講料:2,808円(月2回)

講師

切り絵作家

森田 ゆう子

曜日・時間

第1・3金曜日 13:30〜15:30

期間・受講料

受講料:2,808円(月2回)

開講日・体験日

★体験には必ず事前にお申し込みが必要です。
事務局までお電話ください。体験開催日をご案内いたします。

備考

【会場】プラファショッピングセンター内 氷見市加納484 
【お問い合わせ】0766-26-7000(高岡スタジオ)

おすすめポイント・受講生の声

 カンバスは何の変てつもない黒い紙。下絵に沿ってカッターナイフで切り抜きし、カラフルな和紙で色を足して一枚の絵を描き出す。高岡スタジオの「はじめての切り絵」に通う受講者は、そんな紙で表現する絵画の世界に夢中だ。
 切り絵は立体的な作風を楽しむことができる。講座で使用する紙は南砺市の「五箇山和紙」にこだわっており、講師で切り絵作家の森田ゆう子さんは「和紙を使うことで質感も色合いも優しい雰囲気に仕上がる」と魅力を語る。
 絵の題材は風景やイラスト画などさまざま。信州の上高地の景色を手掛ける受講者は「寝付けない夜に気分転換に作業を始めたら、あっという間に朝になって」と笑う。黒い台紙を切り抜き、その部分の裏面から和紙を貼り付け彩色するという地道な作業の繰り返しではあるが、だからこそ作品が完成した時は大きな達成感を感じるという。
 切り絵のデザインは細かいほど迫力が出る。木の枝葉、草花の一つ一つを丁寧に切り抜く受講者の表情は真剣だ。「下絵に沿って制作するので、絵が苦手でも気軽に始められる」と森田さん。受講者は切り絵を通して芸術に親しんでいる。

受講の申し込み 見学の申し込み