キッズ空手 〜ファボーレ〜

  ※ただいま、体験受付停止中です※

■時 間■ 10:15〜11:30
■対 象■ 6歳〜小学6年生

〜武道を通して礼節を身につける〜
子供たちに日々の稽古を通じて、努力する習慣を身につけることや諦めない気持ち、挑戦する勇気、思いやりの優しさ、感謝する心をもてるようお伝えしていきます。
教室では「一生懸命に楽しく」をモットーにそれぞれの年齢や能力、目標に応じて空手の技術が習得出来るよう工夫しています。
まずは是非、体験会にお越しください。
※日祝は事務局が休みとなります。

よくある質問
質問1:初めてでも大丈夫ですか?→大丈夫です。小さなお子さんにも分かりやすく指導していきます。
質問2:体験時の服装、持ち物ありますか?→動きやすい服装、水筒(お茶やスポーツドリンク)タオルを持参してください。
※空手衣は入会されてから購入していただくことになります。

↓★尚道館のHPです。講座の様子がご覧いただけます。
http://shoudokan-toyama.wixsite.com/shodokan

当館ではお子さんに空手を習わせたいと考えておられる方に体験入門をお勧めしてしています。実際多くの親御さんの中には出来れば習わせたいけれど、「どんな稽古をしているんだろう?、せっかく入会したけれど続くかどうか心配」をいう声をよく耳にします。
実際の稽古に参加してみて一緒に身体を動かしてみることで初めてのお子さんにもきっと空手の楽しさが伝わるはずです。ぜひお気軽にご相談ください。

 空手は、いわゆる体に当てない「寸止め」と、本当に突いて蹴る「フルコンタクト」に大別される。
 富山市のアピタ富山教室で尚道館空手道場館長で、代表師範の山崎英明さん(52)が講師を務める「キッズ空手」は、フルコンタクトの流れを持つとはいえ、そこは5歳から小学6年生までが教わる教室とあって、実際に組み手は行わない。 
●あきらめない
 山崎さんが最も重視するのは基礎の習得に加え、礼儀、作法を身に付けることである。「技より心の部分を磨き、周囲への思いやりや感謝、あきらめない心を持ってほしい」と語る。
 教室は基本的な技の動作を習得する「基本げいこ」、足運びを覚える「移動げいこ」、それらを複合した「型げいこ」で構成し、尚道館の指導員の掛け声であいさつから始まり、姿勢をただす。
 6月の教室は新型コロナウイルスの感染予防のため、2カ月ぶりの開催となったためか、道着を付ける子どもたちも待ちかねたように、楽しそうな表情が並んだ。白、赤、紫と級位に応じた帯を締める。
 もっとも、指導員の「上段突き」の掛け声で表情も締まり、何度も繰り返すうちに、うっすらと汗がにじんでくる。山崎さんは生徒らの間を回り、手や足を取り、正確な技となるよう教える。萩中渚斗君(6)は「楽しい」と夢中に体を動かしていた。

■強くなりたい 大井陽葉(あきは)さん(富山市西田地方小3年)
 強い自分になりたくて、1年生の時から空手を習い始めました。先生の型をみながら、いろいろな型を上手にできるように練習することが楽しいです。先生にほめられた時は、うれしいです。いつか試合に出てみたいです。そのため、もっと努力したいです。

 「ヤーッ! ヤーッ!」。富山新聞文化センターファボーレカルチャーのスタジオに、気合たっぷりの元気な掛け声が響く。白い胴着に身を包んだ子どもたちが、きびきびとした動きで突きや蹴り、手刀を繰り出す。
 「尚道館(しょうどうかん) キッズ空手」では、年長児から小学6年生までが「一生懸命に楽しく」をモットーに、それぞれの年齢や能力、目標に応じて稽古に取り組んでいる。
  技を安全に
 尚道館空手道場(富山市)館長・代表師範の山崎英明さんが講師を務め、基本の稽古からしっかりと行う。技を安全に、どうやって使うかが大切だ。基礎体力作りをしっかりと行い、一つ一つの形を丁寧に教える。
 教室では、準備運動に続き、みんな並んで形の練習。大きなミットを使った練習や、移動稽古。防具を着けて、組み手も行う。「先輩は、ちゃんとお手本になるように。力をコントロールして」。組み手に取り組む子どもたちに、山崎さんが助言する。
●精神的にも強く
 稽古で学べるのは、技術だけではない。「オッス」「ありがとうございました」。練習の最初と最後、最中にも、先生や先輩、一緒に頑張る仲間たちにしっかりあいさつ。礼儀正しさが育まれる。
 「空手を通していろいろな経験をして、精神的にも強くなってほしい」と山崎さん。努力をする大切さをはじめ、諦めない気持ちや、難しいことにも挑戦する勇気。子どもたちは、仲間との関わりの中で、思いやりや感謝の心も学んでいくことだろう。

■もっと強くなるぞ 井之上涼君(富山市藤木小2年)
 強くなりたくて、空手を始めました。先生の教え方がとても分かりやすくて、心も体も、前より強くなれたと思います。一生懸命練習して、もっともっと強くなって、空手の試合に出られるようになるのが目標です。



【お問い合わせ・お申し込みは】
ファボーレカルチャー 電話076(466)4708
受付時間 月曜〜土曜 10:00〜18:30 
※日曜・祝日は事務局が休みです。

曜日・時間

第2・3・4土曜日
10:15〜11:30

期間・受講料

4,950円(月3回・月謝制)
※別途設備維持費
※別途傷害保険料100円(1ヵ月)
※別途備品積立料200円(1ヶ月)但し途中入会の月はいただきません。
お支払方法:口座振替

初めての方は、入会金500円、1年以上受講のない方は、再入会金500円が必要です。ただし1DAY、体験講座、70歳以上の方は入会金が不要です。
別途、設備維持費が必要です。体験や受講希望の方は事前にお申し込みください。

講師

尚道館空手道場館長・代表師範
山崎 英明

講師プロフィール

日本空手道尚道館館長の山崎です。
厳しく、そして楽しくそんな中で子供たちが少しずつ成長していく姿を私自身、とても楽しみにしています。

持ち物

動きやすい服装、飲み物、タオル

備考

●お申し込みには預金口座の振替登録が必要です。
<ご用意いただくもの>
@2カ月分の受講費 A口座番号 B預金口座お届け印
 *入会時から2カ月分の受講費はコンビニ振込でお支払、3か月目より預金口座から引落になります。
●はじめての方は入会金500円が必要です。