渋川流歌謡詩舞道

  • 教室:射水教室

失われつつある「日本の心」を剣舞、詩舞を通じ養ってみませんか?健康増進にも良いと評判です。


講師

全日本剣詩舞道連盟常務理事
渋川流剣詩舞道菊帆会会長
長瀬 天帆

曜日・時間

第1・3月曜日 19:00〜21:00
水曜日 13:00〜15:00

期間・受講料

月曜日クラス:2,529円(月2回)
水曜日クラス:4,752円(月4回)

おすすめポイント・受講生の声

 詩吟に合わせて扇子や刀を持って舞う剣詩舞。射水教室の「渋川流歌謡詩舞道」では、伝統的な剣詩舞に加え、歌謡曲や流行歌など今の時代に合わせた曲も取り入れて踊り、初心者もベテランもはつらつと体を動かす。
 「目線に気をつけて」。講師の渋川流剣詩舞道菊帆会会長の長瀬天帆さんが特に注意する点だ。踊りに集中していると、表情による表現がおろそかになりがち。りりしい舞が多い剣詩舞では目の動きは大事で、長瀬さんは、心を込めて踊っていると目は自然と動きに呼応すると説く。
 20年近く長瀬さんに師事する受講生も多く、「体を動かしていると、普段の姿勢が良くなった」と喜ぶ。
 漢詩が題材の場合、よく内容を学んだ後で一小節ずつ踊りを覚えていき、氷川きよしの曲などでは今風の舞踊で楽しく表現する。長瀬さんは「剣詩舞を身につけると、お祝いの席でも踊ることができます」と魅力を語る。

受講の申し込み