きもの着付け

 あなたも気軽に和装美人!

■体験料■ 無料 ※2022年12月末まで
         ※事前に必ずお申し込みください。

○体  験:浴衣・半幅帯の着装
※お持ちの方は、浴衣、腰ひも2本、コーリンベルト、伊達〆、半幅帯、和装肌着をお持ちください。
※お持ちでない方は、道具からご説明し、カリキュラムを説明します。

一人一人のペースで分かるまで丁寧に説明いたします。
苦しくなく、楽にきれいに着れる方法をお教えいたします。

 <カリキュラム例>
@持ち物確認・補整・長襦袢
A長襦袢・着物
B長襦袢・着物
C名古屋帯
D名古屋帯
E袋帯
 高岡本部スタジオの講座「きもの着付け」は、初心者から上級者までの受講者がそれぞれのペースで着付けを学ぶことができ、人気を集めている。
 受講者は鏡を見ながら、肌着の長襦袢(ながじゅばん)と着物を着て、帯を結ぶまでの一連の流れを学ぶ。その後、普段着の名古屋帯と正装の袋帯を使い分け、「お太鼓」「ふくらすずめ」など用途に応じた結び方を覚えていく。自分一人で着ることができるようになったら、マネキンを使って人に着せる練習をする。講座では歩く時の姿勢や物の拾い方など、着物姿の所作も習得できる。
 装道礼法きもの学院承認教室講師の深田優子さん(44)=高岡市下伏間江=が指導する。気さくで話しやすいと評判の深田さんは時折冗談を交えながら、手取り足取り丁寧に教える。
 講座の時間外では、深田さんと受講者が集まり、着物を着て、食事や茶会に出掛けたり、金沢市の兼六園へ旅行したりすることもある。受講者が日頃の練習の成果を出す機会でもあり、みんなが楽しみにしている活動だ。
 深田さんは「着物は敷居が高いと思われがちですが、コツさえ分かれば簡単に着ることができます。気軽に挑戦してみてください」と話す。

開講日・体験日

9/29、10/6・30

曜日・時間

第1・3木曜日19:15〜20:45

期間・受講料

3,300円(月2回)
※別途設備維持費
※お支払い方法:口座振替

初めての方は、入会金500円、1年以上受講のない方は、再入会金500円が必要です。ただし1DAY、体験講座、70歳以上の方は入会金が不要です。
別途、設備維持費が必要です。体験や受講希望の方は事前にお申し込みください。

講師

裝道礼法きもの学院承認教室講師
深田 優子

備考

●お申し込みには預金口座の振替登録が必要です。
 ≪ご用意いただくもの≫
  @3カ月分の受講料 A口座番号 B預金口座お届印
  *最初の3カ月分はコンビニ振込用紙でお支払、4カ月目より預金口座からの引落
●はじめての方は入会金500円が必要です。ただし70歳以上の方は入会金が不要です。