圓山二朗のカラオケ教室

  • 教室:スタジオDEEPアプリオ教室

 わいわい楽しく歌います♪

       ☆ ☆ 無料体験会開催日 ☆ ☆

■体験日■ お問合わせください

いつでも誰でも楽しく続けられる歌謡教室です。口の動かし方や発声に始まり、上手に歌い上げる方法まで、分かりやすくお教えします。


講師

Mori moriプロダクション歌手
圓山 二朗

講師プロフィール

富山県氷見市出身。
NHKのど自慢チャンピオン大会」に23歳の時に出場、歌手デビューへの夢を抱き始める。
平成11年ボランティアグループ「だいこんの会」を結成し、代表として老人福祉施設への慰問活動を開始。
年間50回以上のコンサート活動をこなしている。
平成18年12月にオリジナル演歌曲「娘はお嫁に」で念願のCDデビュー、以前にも増して歌の奉仕活動を精力的に展開している。

●圓山先生より

 教室内には歌好きの熱気があふれています。私は氷見市出身で、2006(平成18)年にデビューしました。
歌は全身運動」ですので、喉に頼らず、体全体を響かせて歌うことの大切です。
 そのために欠かせないのが基礎練習です。受講時間の約3分の1を柔軟体操や発声練習に当て、歌うための体づくりから始めます。
「わいわい楽しみながら上達すること」を目標に練習しましょう。

曜日・時間

第2・4火曜日
10:15〜11:15

期間・受講料

3,240円(月2回)

開講日・体験日

体験日:お問合わせください

おすすめポイント・受講生の声

 「圓山二朗のカラオケ教室」は氷見市出身の歌手圓山さんの優しい語り口で、受講生が歌に磨きをかける。プロの歌手の歌を間近で聞けるだけでなく、音楽が好きな人同士で交流し、歌唱力を高めていく。
 基本の発声練習で始まり、何度も大きな声を出して音程と口の開け方を身につける。この日は圓山さんのオリジナル曲「明日剱(つるぎ)に会いに行こう」などの練習に取り組んだ。
 圓山さんのギターに合わせて受講生が歌う。「歌を楽しむこと」をモットーにする圓山さんは「この部分は感情を込めて」「語りの歌詞は優しく、ふわっとした感じで」と助言し、さびを盛り上げる技を教える。
 講座の後には受講生同士で自慢の曲を歌う楽しみもある。小矢部市の75歳男性は「楽しい指導のおかげで、歌をすぐに覚えられた」と話す。
 圓山さんによると、毎日歌うことで姿勢も良くなり、声を出すことは健康につながる。「得意な曲を持つことが自信につながる。いざというときに歌える十八番(おはこ)を持ってほしい」と呼び掛けている。