ビーズdeアクセサリー

  • 教室:小矢部教室

ビードルワークから始めるビーズアクセサリー作り♪

★随時体験可能★
※体験の際は、必ず事前にお申し込みが必要です。
○体  験:ブレスレット作り
○材料費:1,080円 

   ☆ おすすめポイント ☆
 @普通のビーズよりも大きめの穴なので糸が通しやすい!
 A軽量なのでボリュームのあるネックレスでも着け心地が良い。
 B初心者さんでも簡単に作れる物から始めるので安心。

6作品を順に作ることで一通りの技法が学べます。
その後は、ビーズアートステッチやジュエリークロッシェへと作品の幅が広がります。


講師

ビーズアートステッチ講師
勘坂 喜代子

曜日・時間

第1・3水曜日
13:30〜15:30

期間・受講料

受講料:3,348円(月2回)
材料費:2,000円〜3,000円

開講日・体験日

★随時体験可能★
※体験の際は、必ず事前にお申し込みが必要です。

持ち物

はさみ

おすすめポイント・受講生の声

 机に広がる色とりどりのビーズ。形や素材もさまざまで、見ているだけで心が躍る。そんなビーズをつなげてアクセサリーを手作りするのが、小矢部市の道の駅メルヘンおやべで開かれている「ビーズdeアクセサリー」だ。受講者は自作で装いに花を添える日を心待ちに、ネックレスや指輪作りに熱中している。
 講師は日本生涯学習協議会ビーズアートステッチ教授の勘坂(かんざか)喜代子さん。ビーズは材料が細かいため、作業が大変そうだと心配する人もいるかもしれないが、講座では初心者に、糸を通す穴が大きめのビーズを用いてアクセサリーを作ることを勧めており、基本からじっくり学ぶことができる。
 ビーズには、らせん状に編んでいく「スパイラルロープ」や、花びらに見立てて材料をつなぐ「デージーチェーン」など、多彩な編み方がある。色や形が異なる複数のビーズに順番通りに糸を通す地道な作業が続くが、ある受講者は「つまつまと作っている時間がとても充実している」と語る。
 「技法を覚えると制作意欲がどんどん高まって、おしゃれのセンスも磨かれる」と勘坂さん。自分で作り、着飾って、ビーズアクセサリーの楽しみは尽きることがない。

受講の申し込み