クラシックバレエ レディースクラス

  • 教室:富山教室

 ☆ 土曜日レディースクラス増設しました ☆
■会 場■ 富山教室(富山市大手町5番1号)
■体験日■ 木曜日…11月 2日(木)、11月30日(木)
        土曜日…11月 4日(土)、11月25日(土)
■体験料■ 500円
■会 場■ 富山市大手町5番1号富山新聞会館

新しくバレエを始めたい方対象です。
以前ならっていた方でも大丈夫。
基本から優しくお教えします。

 ●体験のお申込み
  富山教室
  電話番号076−421−7529
  住所 富山市大手町5番1号(富山新聞会館内)


・・・+レディースクラス+・・・
中学生から年齢上限なし。バレエの基礎を楽しく学びながらスリムで
無駄のないカラダのラインを身につけます。
進学や育児などでバレエを休んでいた方などにもおすすめのクラスです。

◇金沢・富山シティバレエ団◇
富山新聞・北國新聞を母体に富山・石川両県で11の教室があり、約350人の受講生が通う、歴史と伝統ある北陸最大級のバレエ団です。バレエレッスンに欠かせない広いスペースと設備が整った明るいスタジオで、年齢に応じたレッスンを行っています。これまでにも宝塚歌劇団をはじめ、プロのバレエダンサーや芸能分野で活躍する著名人を数多く輩出し、多くの少女達のクラシックバレエへのあこがれと夢を育んできました。「すべての舞踊に通ずる」と言われているクラシックバレエの「基礎テクニック」を音楽に合わせて繰り返し練習することで、感受性、表現力を伸ばします。また、練習を通じで忍耐力や集中力、学ぶ姿勢を育てます。

講師

富山シティバレエ団専任講師
若原 容子
内井 美穂
喜多 桃子
出口 実奈

曜日・時間

木曜日
19:45〜20:45
土曜日
12:00〜13:00

期間・受講料

週1回クラス18,792円(3カ月分・10回)
週2回クラス30,780円(3カ月分・20回)
別途、設備維持費

開講日・体験日

木曜日…11月 2日(木)、11月30日(木)
土曜日…11月 4日(土)、11月25日(土)

持ち物

動きやすい服装、靴下

備考

●富山教室は駐車場をご用意しておりません。近くの有料駐車場をご利用ください。
●はじめての方は入会金1,000円が必要です。
再入会金は800円です。ただし70歳以上の方は入会金が不要です。
【お問い合わせ先】富山教室 電話076(421)7529
     電話受付時間 月曜〜土曜 9:30〜19:00 
     ※土曜日は高岡スタジオに転送になります。
     (※ 土・日・祝日は事務局が休みになります)

おすすめポイント・受講生の声

☆富山新聞「うけてる講座」より
2015年7月に開業する砺波市のイオンモールとなみの新教室「となみ・ラモーダ」は、クラシックバレエを教える富山シティバレエ団の富山、高岡に続く県内3カ所目の活動拠点となる。1967(昭和42)年創立の同バレエ団は、富山、石川両県で約350人の団員を抱え、北陸最大級の規模を誇る。講座は幼児から一般まで年齢やレベル別に構成されており、正統派バレエ教室として人気が高い。
 高岡会館別館の3歳から通える幼児クラスを訪ねると、愛らしいレオタードに身を包んだ未来のバレリーナたちがレッスンに励んでいた。同バレエ団の専任講師内井美穂さん、新木麻友さん、出口実奈さんが指導に当たっている。
●柔軟性高め
 まずは体の柔軟性を高める準備運動から始まった。受講者は床に座って両足を開き、肘や頭をゆっくり床に近づけていく。「おへそも付けられるかな? 付いたらその姿勢を保ってね」と内井さん。親しみを込めた声掛けで受講者のやる気を引き出す。
 続いてはバーにつかまり、基本の足の形や両膝を軽く曲げる「プリエ」、足のつま先を横に滑らせる動きなどを音楽に合わせて繰り返した。スキップの練習などもあり、受講者の笑顔が終始はじける。
 美しい所作を意識するクラシックバレエは、子どもの豊かな感性を育み、練習と上達の積み重ねにより努力の大切さを知る。内井さんは「幼児クラスは基礎を身に付けながら、踊る楽しさを実感してもらうのが目標。砺波の新教室でも、多くの人にバレエの楽しさを伝えたい」と意気込む。

受講の申し込み 見学の申し込み